Iqonic logo.

パフォーマンスを向上させるデザイン

Another easy win with the Triabit.

About the Triabit

トライアビットは従来のリングビットとは異なり馬にとってハミがきつくなり過ぎないようにそして騎乗者がより良いコントロールを確保できるようにする事を目的に研究開発されました。トライアビットを使うと馬はすぐハミに慣れリラックスして走りに集中する事ができます。トライアビットの構造は馬の口が割りにくいように従来のリングビットのような挟み込んだり、その結果むせ返ったりする事が起こらないように研究開発されました。その特許は国際的に保護されております。

馬はギャロップ(襲歩)時にそのストライド(歩幅)を伸ばすため、いったん背中を丸め、その丸めた背中を伸ばす事によって最大限の推進力を得ます。それゆえギャロップ時にジョッキーの体重が少しハミにかかってしまうとそれがエネルギーのロスにつながり、ゴール板前のほんの少しの差がレースにおいて勝つか敗けるか、高額賞金を獲得するかどうかという非常に大きな差を決してしまいます。トライアビットは馬のハミが合わない事やジョッキーとケンカしてしまう事によるエネルギーの消費を抑え、ゴール前で余力を最大限に残すように。トライビットはそのリングが舌と下顎に無駄な圧力がかからないようにデザインされており承認された特許により他で入手する事ができません。

馬はギャロップ時により速く走るためにその脚の回転数を増やすことによってではなくストライドを伸ばすことによってスピードを上げる。ギャロップ時の競走馬は空気中の酸素を一完歩毎に取り入れており、ギャロップ時に大量の酸素を取り入れる事によって、その大きなストライドのギャロップを可能な限り持続させる事ができる。逆に十分な酸素を取り入れる事ができないとエネルギーを消費してしまい大きなストライドのギャロップを持続する事は困難になる。トライアビットの効果はここにあります。馬はリラックスしてより楽に呼吸する事ができるようになり、それはレース時においてより大きなストライドのギャロップを可能にし最大限のスピードを発揮する事ができるのです。

世界中の主要な競馬施行団体でトライアビットは使用されております。それはトライアビットがレースにおける馬のパフォーマンスを向上させるもっとも早い手段であるという事が一つの理由かもしれません。